2018年8月17日金曜日

【国体関連】福井しあわせ元気国体の実施要領が公表になりましたので、選手、監督、関係者はご確認下さい!

福井しあわせ元気国体山岳競技の開催地である池田町実行委員会から実施要領が発表になりましたので、出場する選手、監督、関係者の方は、ご確認頂きますようお願い致します。

福井しあわせ元気国体 実施要領

2018年8月15日水曜日

【SC競技】JOCジュニアオリンピックで大政涼選手(ユースA)が優勝、井上遼選手(ジュニア)が準優勝しました!

8月11日~13日に富山県南砺市にある桜ヶ池クライミングセンターにおいて開催された『第21回JOCジュニアオリンピックカップ南砺2018』において、男子ユースAに出場した大政涼選手が優勝し、日本一の栄冠に輝きました!

ユース公式大会での優勝は愛媛県勢では初、四国でも初の快挙となりました。

また、男子ジュニアに出場した井上遼選手も準優勝し、スポーツクライミングの強豪県の仲間入りができたのではないかと思います!

大政涼選手と井上遼選手は、今年の福井国体少年男子の愛媛県代表ペアですので、福井国体での少年男子初の表彰台が期待されるところです。

今回のJOCには、愛媛県から6選手が出場し、日々の練習の成果を発揮しました。

愛媛県選手の成績は次のとおりです。各カテゴリー総合成績はこちらをクリック!

男子ジュニア(出場19選手)
 井上遼    2位
 渡部槙一 16位

男子ユースA(出場35選手)
 大政涼    1位
 高村佳吾 14位
 伊藤大河 34位

男子ユースC(出場26選手)
 向井颯柾 22位

《参考》四国の他県選手の成績です。

男子ユースA
 鈴木陽生(香川)   25位
 井上羽太郎(高知) 33位

男子ユースB(出場41選手)
 福家舞空(香川)   24位
 上田祐一郎(高知)  33位

男子ユースC
 久保維英(香川)  17位

女子ユースC(出場25選手)
 増田心瑚(徳島)  11位
 末澤結衣(香川)  20位  

井上遼選手

渡部槙一選手

大政涼選手

高村佳吾選手

伊藤大河選手

向井颯柾選手

男子ユースA表彰式

男子ジュニア表彰式




 
 

2018年8月7日火曜日

【SC競技】最強の小学生を決める大会 岸和田CANCANカップの開催要項が発表になりました!

リード競技の最強小学生、小学生日本一を決める『第一回小学生リード競技 岸和田CANCANカップ』が大阪府岸和田市にあります岸和田カンカンベイサイドモールにて開催されます!

岸和田カンカンベイサイドモールは、今年OPENしたリード壁、ボルダー壁、スピード壁を備えた施設で、日本代表合宿も行われている日本屈指のクライミング施設のひとつです!

セッター陣は、チーフセッターに日本選手権三連覇達成し、国内最高レベルのセッターである松島暁人氏、サブに日本代表合宿のチーフセッターや、JOC、福井国体等の国内主要大会のセッターを務める我が愛媛の徳永潤一氏が中心となり、クオリティーの高いルートが楽しめる大会だと思います。

この機会に【腕試し】をしてみてはいかがでしょう!

愛媛県の小学生クライマーの皆さん、是非チャレンジしてみて下さい!

開催要項、申込書は下記リンクでご確認下さい。

第一回小学生リード競技 岸和田CANCANカップ

2018年8月6日月曜日

【SC競技】第21回JOCジュニアオリンピックカップ南砺2018のライブ配信が決定しました!

今週末の8月11日(土)~13日(月)富山県南砺市で開催されます『第21回JOCジュニアオリンピックカップ南砺2018』のライブ配信がありますので、ハイレベルな戦いを是非ライブでご覧ください!

競技順につきましては、8月10日(金)昼までに、日本山岳・スポーツクライミング協会(JMSCA)のウェブサイトにて公開します。

YouTube
予選1日目:2018年8月11日(土)11:00~17:00
予選1日目:2018年8月12日(日)11:00~17:00
決勝:2018年8月13日(月)9:30~16:00


【注意】YouTubeのライブ配信は「Chrome」でご覧ください。「InternetExplorer」では見れない場合がありますので、ご注意ください。

愛媛からは男子ジュニアに渡部槙一井上遼、男子ユースAに伊藤大河高村佳吾大政涼、男子ユースCに向井颯柾の6名が出場します。

また、四国の他県からは、男子ユースAに香川の鈴木陽生、高知の井上羽太郎、男子ユースBに香川の福家舞空、高知の上田祐一郎、男子ユースCに香川の久保維英、女子ユースCに徳島の増田心瑚、香川の末澤結衣の7名が出場し、、四国全体で13名の選手が出場することになりました。

四国から13名の出場は過去最多で、ユースクライマーが育ってきている証明であり、もっともっと全国大会にチャレンジしてもらいたいです!

それではみなさん、リアルタイムで愛媛県代表、四国四県の選手の応援をよろしくお願いします!

2018年8月5日日曜日

【全体】日本山岳・スポーツクライミング協会のHPにリンクしました!

愛媛県山岳連盟のHPを日本山岳・スポーツクライミング協会のHP内の加盟団体リンクの各都道府県山岳連盟・協会のページにリンクしました。

リンクページ

2018年8月4日土曜日

【SC競技】第21回JOCジュニアオリンピックカップ南砺2018の参加者案内が発表になりました!

スポーツクライミング第21回JOCジュニアオリンピックカップ南砺2018の『参加者案内』が発表になりました。

参加される選手、保護者、引率者の方々は、熟読しておいてください!

参加者案内

大会スケジュール

出場選手

2018年8月2日木曜日

【全体】《必読》日本スポーツ協会長名で発せられた緊急メッセージ『スポーツを愛するすべての人へ』をご覧下さい!

近年、日本相撲協会、日本レスリング協会、日大アメフト部、日本ラクロス協会等々、スポーツ界での不祥事が後を絶たない中、先月の7月18日、日本スポーツ協会長名で『スポーツを愛するすべての人へ』というメッセージが①プレイヤーの皆さんへ、②スポーツ指導者の皆さんへ、③アントラージュの皆さんへ、④スポーツ団体・組織の皆さんへ宛てて発信されました。

そんな中、残念ながら日本ボクシング連盟で前代未聞の不祥事が発覚しました。

我々も登山競技やスポーツクライミング競技に関わるものとして、考える時期、見直す時期に来ているのではないでしょうか。

皆さんにも、日本スポーツ協会長のメッセージをお読み頂きたいと思います。

スポーツを愛するすべての人へ

2018年8月1日水曜日

【国体関連】第73回福井しあわせ元気国体山岳競技の各ブロック代表チームが出揃いました!

10月5日(金)~7日(日)に福井県池田町にて開催されます『第73回福井しあわせ元気国体』山岳競技の各ブロック大会が終了し、代表チームが出揃いました。(ただし、北海道ブロックの代表選手は8月4、5日に決定)

成年男子は47都道府県の全て、成年女子18チーム、少年男子20チーム、少年女子18チームが出場します。

愛媛県は、すべてのカテゴリーに出場しますので、応援よろしくお願いします!


【注目チームおよび注目選手】

成年女子:小林由佳・野口啓代(茨城県)、野中生萌・中村真緒(東京都)、太田理裟・小田桃花(山口県)、田嶋あいか・義村萌(三重県)、尾上彩・廣重幸紀(福井) 

少年男子:伊勢一真・前田健太郎(滋賀県)、小西桂・伊藤寛太郎(神奈川)、井上遼・大政涼(愛媛県)、三根生慶太(大阪府)、竹田創(宮城県)、百合草碧皇(埼玉県)、靏本直生(佐賀県)

少年女子森秋彩(茨城県)、伊藤ふたば(岩手県)、樋口結花(佐賀県)、菊地咲希(東京都)



2018年7月30日月曜日

【SC競技】第21回JOCジュニアオリンピックカップ南砺2018の愛媛県代表が確定しました!

8月11日(土)~13日(月)の3日間、富山県南砺市にあります桜ヶ池クライミングセンターにおいて、スポーツクライミングの甲子園【第21回JOCジュニアオリンピックカップ南砺2018】が開催されます。

愛媛県からは、6名の選手が代表として出場します!

選手名をクリックすると、選手情報がご覧頂けます。

【男子ジュニア】
 
 井上遼(新田高校3年)JMSCA推薦選手:前年度4位

 渡部槙一(社会福祉法人喜久寿)前年度12位

【男子ユースA】

 高村佳吾(東温高校2年)JMSCA推薦選手:前年度9位

 大政涼(東温高校1年)JMSCA推薦選手:前年度3位

 伊藤大河(新居浜西高校3年)前年度38位

【男子ユースC】

 向井颯柾(大洲市立平小学校)初出場

6名の出場は、全国で9番目に多い人数です。また、愛媛県選手は全国的に見てもトップレベルの選手が多いので、上位入賞が期待されます。

今回のJOCで決勝進出すると、来年のJOCまでの1年間、シード選手(JMSCA推薦選手)として全国大会に優先出場ができます。

毎年JOCは、U-StreamもしくはYoutubeで放映がされています。放送スケジュール等の詳細が発表になり次第、改めてご案内しますので、応援よろしくお願いします。 

2018年7月29日日曜日

【SC情報】宇和島市スポーツ交流センターが本日オープンしました!

かねてより旧宇和島市クリーンセンター跡地に建設中でした『宇和島市スポーツ交流センターが、本日オープン致しました!

宇和島市スポーツ交流センター

クライミングウォール、プール、体育館等のスポーツ施設があります。

特にクライミングウォールに関しては、高さ15m×幅13mの固定式リード壁高さ4.5m×幅17mのボルダリング壁があり、特にリード壁は国内屈指の屋内壁で、合宿等にも利用できると思います。

料金も公共施設だけあって、一般・高校生270円、中学生以下160円とリーズナブル。

クライミングホールはガラス張りになっているので、プールへの通路から見ることができます。

高さ15mの固定式のリード壁、数字以上に高さが感じられます。グレードは5,9の初心者レベルから、5.13aの上級者用まで、いろいろなルートがセットされています。

ボルダリング壁はスラブから強傾斜まで、初心者用から上級者用の初段まで、幅広く対応してあります。


きさいやラウンジ内にインフォメーションボードが設置されています。プール横の更衣室で着替えができます。

短水路(25m)のプールは、公認仕様のクラウチングスタート台も装備されています!

2018年7月23日月曜日

【国体関連】福井国体四国ブロック大会において愛媛県は全カテゴリーで出場権を獲得しました!

7月21日(土)~22日(日)に高知県本山町にある吉野クライミングセンターにおいて、福井国体四国ブロック大会が開催され、愛媛県チームは成年女子、少年男子、少年女子の全カテゴリーで1位通過し、本国体への出場権を獲得しました。

成年女子は、徳永基希選手がリード、ボルダーともに他を圧倒して個人成績で1位となり、パートナーの川端日菜選手も苦手のリードで好成績を収めたことが、総合成績1位に繋がったと思います。本国体では、決勝進出を目標に頑張って欲しいと思います。

少年男子は、他県を全く寄せ付けない、圧倒的な強さで1位を獲得。個人成績も1位、2位のワンツーフィニッシュ。二人のコミュニケーションも完璧、二人とも練習大好き、日本のジュニアクライマーの中でもトップクラスの井上・大政ペアは史上最強と呼び声も高く、本国体で少年男子初の表彰台を狙います。

少年女子は、他県の選手よりクライミング歴が少ない相原・今井ペアで臨んだ四国ブロック大会でしたが、リードでペアの二人ともが完登して波に乗ったまま、ボルダリングもそのまま乗り切り、終わってみれば2種目とも1位の完全勝利。経験不足は否めませんが、伸び盛りのペア、残り2ヶ月強でどこまで自分を追い込めるかが鍵。彼女たちには明るい未来しかありません。

【リザルト】






【開会式】
【リード 相原麻菜美選手】
【リード 今井歌乃子選手】
 【リード 徳永基希選手】
 【リード 川端日菜選手】
【リード 井上遼選手】
【リード 大政涼選手】
【チーム愛媛完全勝利の記念写真】

2018年7月19日木曜日

【国体関連】7月21~22日、福井国体四国ブロック大会が開催されます!

7月21日(土)~22日(日)の2日間、福井国体の四国ブロック大会が、高知県本山町にある吉野クライミングセンターで開催されます。

競技は、21日(土)14:30よりリード競技、22日(日)9:30よりボルダリング競技が行われます。

本国体へは、成年女子2県、少年男子2県、少年女子1県が四国代表として出場できます。

愛媛県勢は、下記の選手です。(敬称略)

成年女子:徳永基希、川端日菜

少年男子:大政涼、井上遼

少年女子:相原麻菜美、今井歌乃子

なお、成年男子につきましては、各都道府県1チームが出場できますので、ブロック大会はありません。

お時間のある方は、是非応援よろしくお願い致します。

吉野クライミングセンター:高知県長岡郡本山町吉野(早明浦ダムのすぐ下になります)、高知自動車道大豊インターより約30分。

土佐のあか牛で有名な「嶺北牛」が激ウマグルメとなっておりますので、応援とドライブとグルメの
3点セットでいかがでしょう!

吉野クライミングセンター

以上、よろしくお願い致します。

2018年7月18日水曜日

【SC情報】宇和島市スポーツ交流センターのオープニングイベントは中止になりました!

7月29日に予定されておりました宇和島市スポーツ交流センターのオープニングイベントは、先日の豪雨災害により中止致します。

日程は未定ですが、事態が収束に向かいましたら、改めてオープニングイベントの開催を検討されるとのことです。

被災されました方々が、一日も早く元の生活に戻られますことをお祈り申し上げます。

2018年7月17日火曜日

【全体】愛媛県山岳連盟のホームページを更新しました!

かねてから各位よりご指摘を頂いておりました愛媛県山岳連盟ホームページの
につきまして、全体的に見直し、訂正、更新作業を行いました。

年間行事予定もわかりやすいように、①県民ハイキング、②個人会員山行き、③四国岳連関連行事、④愛媛岳連関連行事(登山関連)、⑤愛媛岳連関連行事(スポーツクライミング関連)、⑥愛媛県高体連関連行事、⑦愛媛県岳連理事会・総会、⑧国体関連、⑨日本山岳・スポーツクライミング協会(競技会・研修会関連)、⑩日本山岳・スポーツクライミング協会(行事関連)の10項目に分類して記載しました。

スポーツクライミングの競技説明も、西条に新しく建設中のスピード壁を踏まえて、スピード競技の説明、写真を追加しました。なお、スピード壁の完成イメージ写真は、西条の藤村さんから頂きました。

また、リンク集の公共機関に、愛媛県、松山市、新しくクライミング施設がオープンする宇和島市を追加し、西条市の国体関連のHPを削除しました。

また、近年団体の名称変更が多く見受けられますので、新しい名称に変更してあります。

クライミング施設も宇和島市の宇和島市スポーツ交流センターを追加してあります。

まだ、若干手直し中のものもございますが、全体的には更新できておりますので、ご確認頂けたらと思います。

以上

お気づきの点、ご要望等がございましたら、広報担当青木までご連絡下さい。

よろしくお願い致します。

2018年7月14日土曜日

【SC競技】JMSCA推薦選手ってなに?

JMSCA(日本山岳・スポーツクライミング協会)主催のスポーツクライミングの全国大会において、シード権のような優先出場枠【JMSCA推薦選手】という制度がありますが、いったいどうしたら手にすることができるのか、説明したいと思います!

【対象大会】
1.日本ユース選手権リード競技
2.ボルダリングユース日本選手権
3.JOCジュニアオリンピックカップ
4.全国高等学校選抜スポーツクライミング選手権大会
5.リードジャパンカップ(LJC)
6.ボルダリングジャパンカップ(BJC)

【JMSCA推薦選手条件】
1.日本代表
2.ユース日本代表
3.前年度の上記対象大会で準決勝以上に進出した選手
4.上記対象大会直近の国体で決勝進出した選手

一覧表にするとこうなります!

今年の8月に開催されるJOCジュニアオリンピックの愛媛県選手で説明すると、今回3選手がJMSCA推薦選手で出場しますが、3選手とも2大会で決勝に進出し、JMSCA推薦選手の権利を獲得しました。

この3選手はJMSCA推薦選手の常連で、簡単に出場枠を獲得しているようにみえますが、この壁の高さは出場した選手にしか理解できないくらい難しいことです!

決勝に進出できずに競技生活を終える選手がほとんどを占める中で、愛媛のジュニアは本当に頑張っています!

1.井上遼選手:第20回JOCジュニアオリンピック ユース、えひめ国体リード少年男子 6位

2.高村佳吾選手:第20回JOCジュニアオリンピック ユース、えひめ国体リード少年男子 6位

3.大政涼選手:第20回JOCジュニアオリンピック ユースB 、第4回ボルダリングユース日本選手権 ユースA 7位

特に、JOCジュニアオリンピックカップの場合、一般出場選手(各岳連推薦)は各都道府県から2~3名しか出場できないため、JMSCA推薦選手の権利を獲得することにより、県の代表選手の人数が増えます。

もし、この3選手がJMSCA推薦選手の権利を持っていなかった場合、実力的にこの3人が岳連推薦となるため、他の選手に出場するチャンスがなくなります。

競技を目指し、来年以降全国規模の大会に出場したいと努力している選手は、愛媛県選手が決勝進出できるよう応援してあげてください!

それが、来年のあなたたちの出場を左右します!







2018年7月13日金曜日

【SC競技】JOCジュニアオリンピックカップの岳連推薦選手枠が確定しました。

本日、日本山岳・スポーツクライミング協会より、第21回JOCジュニアオリンピックカップ南砺2018の各都道府県山岳連盟/協会の推薦選手の人数が発表となりました。

今年度の岳連推薦選手は推薦選手名簿の第3位の選手までとなります。

愛媛県山岳連盟推薦選手

第1位 渡部槙一選手(社会福祉法人喜久寿)

第2位 向井颯柾選手(大洲市立平小学校6年)

第3位 伊藤大河選手(愛媛県立新居浜西高等学校3年)

以上の選手は、JMSCAのHPの選手マイページより参加申込をして頂き、参加費9720円を各自でお支払い下さい。

2018年7月12日木曜日

【SC研修会】平成30年度 ルートセッター研修会及び検定会のご案内!

毎年8月のJOCジュニアオリンピックの後と、12月の高校選手権の後に開催されておりますルートセッターの講習会および研修会の第1回目の開催要項が発表になりました!

平成30年度ルートセッター研修会及び検定会

第1回目の8月の研修会は、8月14~16日に富山県南砺市にある桜ヶ池クライミングセンターで開催されます。

定員が先着10名となっておりますので、希望者は早めにお申し込み下さい!

【SC競技】2018スポーツクライミング・四国ジュニアカップ愛媛大会の開催要項が発表になりました!

毎年夏の恒例行事となっております、四国のジュニアクライマーの祭典【2018スポーツクライミング・四国ジュニアカップ愛媛大会】の開催要項が発表になりました!

2018四国ジュニアカップ開催要項

開催要項の2ページ目に参加申込書がありますので、申込期限厳守で期日までにお申し込みください。

【注意】今年のジュニアカップは、大きく変わります!

1.カテゴリーが変わります。

  昨年までは、トップロープA、トップロープB、男子ユースクラス、女子ユースクラス、男子
ジュニアクラス、女子ジュニアクラスでしたが、
          ↓  ↓  ↓
  今年は、トップロープクラス、リードビギナークラス、リードミドルクラス、リードオープンクラスになり、男女混合になります。

2.四国外からの参加も可能になりました。

  昨年までは四国内の小学生から高校生までに限定しておりましたが、今年からは他県のジュニアクライマーに参加して頂くことで、四国のジュニアクライマーの意識向上、レベルアップを目指して、開催したいと思います。
  但し、参加者多数の場合は、四国内の選手を優先します。

3.A級ルートセッターの招聘。

  昨年までは、各県山岳連盟に関わるセッターの方々にルートセットをお願いしておりましたが、より全国レベルの大会に近い課題を経験してもらうため、国内トップレベルのルートセッターを招いて開催します。

以上、多数の参加をお待ちしております!

2018年7月7日土曜日

【山岳】平成30年度 安全登山指導者研修会「西部地区」開催案内

平成30年11月17日(土)~19日(月)、沖縄県名護市において、安全登山指導者研修会「西部地区」が開催されます。

平成30年度 安全登山指導者研修会「西部地区」開催案内

上記開催案内の中に、要項および参加申込書がありますので、必要な方はダウンロードしてご使用ください。

2018年7月4日水曜日

【SC競技】スポーツクライミング第21回JOCジュニアオリンピックカップ南砺2018の開催要項が発表になりました。

8月11~13日に富山県南砺市の桜ヶ池クライミングセンターにおいて開催されます『スポーツクライミング第21回JOCジュニアオリンピックカップ南砺2018』の開催要項が発表になりました。

愛媛県からは、男子ジュニアの井上遼(新田高校3年)、男子ユースAの高村佳吾(東温高校2年)、大政涼(東温高校1年)の3名がJMSCA推薦選手に選ばれました。

愛媛県山岳連盟推薦選手の中で、JOCジュニアオリンピックに出場できる選手につきましては、7月11日以降JMSCA推薦選手の人数が確定次第、発表になります。

発表後、出場する選手は、7月27日(金)18時までに、HPから申し込んでください。

開催要項:スポーツクライミング第21回JOCジュニアオリンピックカップ南砺2018

愛媛県山岳連盟推薦選手の推薦順位については、2位の高村選手がJMSCA推薦選手となったため、3位以降の選手は順次繰り上がります。