2019年9月5日木曜日

【SC競技】2019スポーツクライミング四国ジュニアカップ徳島大会リザルト

四国各地より84名のジュニアに参加頂き、熱い戦いが繰り広げられました!

開会式




ビギナー①予選
ビギナー①決勝
 ビギナー①表彰式

ビギナー②予選
ビギナー②決勝
ビギナー②表彰式
ビギナー③予選
ビギナー③決勝
ビギナー③表彰式
オープン①予選
オープン①決勝
オープン①表彰式
オープン②女子予選
オープン②女子決勝
オープン②女子表彰式
オープン②男子予選
オープン②男子決勝
オープン②男子表彰式



































 

2019年8月29日木曜日

【SC競技】四国ジュニアカップのタイムスケジュールとグループ分けが発表になりました!

9月1日(日)開催予定の四国ジュニアカップのタイムスケジュールと、グループ分けが発表になっていますので、参加される方はご確認下さい!

グループAは、ビギナー①

グループBは、ビギナー②・ビギナー③

グループCは、オープン①・オープン②



2019年8月26日月曜日

【SC競技】2019スポーツクライミング四国ジュニアカップ参加申込状況《確定版》

9月1日(日)徳島県藍住町のRootsで開催されます四国ジュニアカップの参加申込状況をご案内致します。

今年度は徳島県山岳連盟が主管で開催されます。

例年リードクライミングで競技が行われてきましたが、今年度は諸事情によりボルダリング競技にて行われます。

 



8/27現在で84名です!

2019年8月8日木曜日

【SC競技】第22回JOCジュニアオリンピックカップ南砺2019が開催されます!

9月14~16日の3日間、富山県南砺市にあります桜ヶ池クライミングセンターで開催されます『第22回JOCジュニアオリンピックカップ南砺2019』の開催要項が発表になりました。

南砺市で開催されるジュニアオリンピックは今年が最後と囁かれていますが、真偽のほどは確かではありません。

また、例年は8月のお盆休みの時期に開催されておりましたが、今年は八王子で開催される世界選手権の日程とブッキングしているため、9月に延期されました。

愛媛県からは、昨年男子ジュニア準優勝の井上遼(人間環境大学1年)と、昨年男子ユースA優勝の大政涼(東温高校2年)の2名がJMSCA推薦選手として出場します。

また、愛媛県予選を勝ち抜いた女子ユースAの相原麻菜美(丹原高校1年)と、男子ユースCの向井颯柾(大洲北中学校1年)、男子ユースBの本田凛生(城西中学校3年)が愛媛県山岳連盟推薦選手として出場予定です!


JOCジュニアオリンピック開催要項


愛媛県山岳連盟推薦選手の参加申込は、8/14(水)にJMSCA推薦選手の出場選手が確定後、岳連推薦選手の出場可能な人数が発表になりますので、8/27(火)までに申し込みを完了して下さい。

【SC競技】2019スポーツクライミング四国ジュニアカップ徳島大会が開催されます!

夏休み最後の9月1日、徳島県藍住町にありますボルダリングジムRootsにおいて、【2019スポーツクライミング四国ジュニアカップ徳島大会】の開催が決定しました!

過去の四国ジュニアカップはリード競技で開催されておりましたが、今年度はボルダリング競技で行います!

チーフルートセッターには、国内外で活躍中のA級ルートセッターの「徳さん」こと徳永一也氏を迎え、夏休み最後の日のスペシャルな課題をお楽しみ頂こうと思います!


開催要項の参加資格には「四国内の」とありますが、四国外からの参加も大歓迎ですので、多数のご参加をお待ちしております。

開催要項は ↓ ↓ ↓ こちら!

2019スポーツクライミング四国ジュニアカップ徳島大会開催要項

2019年7月22日月曜日

【国体関連】茨城国体四国ブロック大会が開催されました!

7月20~21日、西条市にあります石鎚クライミングパークSAIJOにおいて第74回茨城国体への出場権を賭けた『第40回国体スポーツクライミング競技四国ブロック大会』が開催され、本国体への代表が決定しました。

今年度の本国体出場枠は、成年女子2県、少年男子1県、少年女子1県です。

少年男子リザルト

成年女子リザルト

少年女子リザルト

少年男子は、東温高校2年の大政涼と3年の高村佳吾の東温高校ペアで、リード、ボルダーともに他県をまったく寄せ付けない圧倒的な強さで出場権を獲得しました。昨年の福井国体リード種目に続き、連覇に向け順調にスタートを切りました。

成年女子は、リードが得意な徳永基希とボルダーが得意な渡瀬夏子のバランスが取れたペアで、リード、ボルダーとも確実に1位をキープし、出場権を獲得しました。2位には香川県が入り、本国体への切符を手にしました。

少年女子は、昨年に引き続きフレッシュな相原麻菜美と今井歌乃子のペアで、初日のリードは1位をキープするも、ボルダーで香川に破れ、総合成績で同ポイントとなりましたが、個人ポイントで香川が1位となり、残念ながら本国体出場を果たせませんでした。

本国体は10月4日~6日の3日間、茨城県鉾田市において開催されますので、応援よろしくお願い致します。

2日間、ブロック大会の運営に携わって頂きました、愛媛、香川、高知、徳島の各岳連の皆様、スタッフの皆様、セッターの皆様、本当にお疲れ様でした。

2019年6月30日日曜日

【SC関連】Ehime Sport Climbing Team ポロシャツを受注販売します!

愛媛県山岳連盟スタッフ用ポロシャツ、および国体スポーツクライミング競技愛媛県代表チームの応援&サポートポロシャツの販売を致します!

在庫商品ではないので、受注分のみ生産してのお渡しとなります。

ポロシャツは5.8オンスの綿65%・ポリエステル35%

生地のカラーはネイビー、文字はホワイトです!

左胸と背中上部に「Ehime Sport Climbing Team」の文字がシルクプリントで入ります。




サイズは、JL・SS・S・M・L・LLの6サイズ

【サイズの目安】
JL:身丈60・身巾42・肩巾37・袖丈19
SS:身丈63・身巾45・肩巾40・袖丈20
S:身丈67・身巾48・肩巾42・袖丈21
M:身丈71・身巾51・肩巾44・袖丈22
L:身丈75・身巾54・肩巾46・袖丈23
LL:身丈77・身巾57・肩巾48・袖丈24

販売価格:3200円(消費税込)

内訳:ポロシャツ代1800円+左胸プリント代650円+背中プリント代750円の原価販売です!

受注締切:2019年7月15日(土)

購入ご希望の方は、お名前・ご住所・電話番号・サイズ・枚数を下記メールアドレスまでご連絡下さい。

メールアドレス: info@my-doctor.jp

お渡しは8月初旬を予定しております!

 

2019年6月29日土曜日

【SC競技】スポーツクライミング公式大会への出場希望選手の競技レベルについて

下記公式(全国)大会へ出場を希望する選手・保護者・指導者の方へ

1.リードユース日本選手権(毎年3月末の3日間)

2.ボルダリングユース日本選手権(毎年5月の2日間)

3.JOCジュニアオリンピックカップ(毎年8月の3日間)

※JOCジュニアオリンピックについては、現在もJMSCA推薦、各都道府県の岳連推薦がないと出場ができません。また、競技人口の増加に伴い、ユース日本選手権についても今後は予選会の開催や岳連推薦の導入が検討されておりますので、ご承知おき頂けますと幸いです。

ここ数年、ユース世代のクライミングレベルが上がり、リード競技の予選グレードは男子で5.13a~5.13b、女子で5.12c~5.12d、ボルダリング競技が男子で3Q~2D、女子で4Q~1Dですので、出場を検討される場合は、下記基準を参考にして頂ければと思います。

ただし、下記基準は最低基準であり、出場されたとしても最下位からワースト10位の成績しか残せない可能性が考えられますので、その旨をご理解の上、出場をご検討下さい。

【男子】

 リード競技:最高オンサイトグレード 5.12a以上

 ボルダリング競技:最高オンサイトグレード 3Q以上

【女子】

 リード競技:最高オンサイトグレード 5.11b以上

 ボルダリング競技:最高オンサイトグレード 4Q以上


2019年6月24日月曜日

【SC競技】2019年度JOCジュニアオリンピック愛媛県山岳連盟推薦選手

2019年9月14~16日の3日間、富山県南砺市にある桜ヶ池クライミングセンターにおいて開催されます『第22回JOCジュニアオリンピックカップ南砺2019』への出場資格である愛媛県山岳連盟推薦選手を発表致します。

選考対象及び基準は次のとおりです。

1.国体愛媛県予選会と同時に開催される「西条クライミングフェス」の男子はオープンクラス、女子はレディースクラスに出場した選手のうち、2000年1月1日~2007年12月31日に生まれた選手。

2.西条クライミングフェスのリード競技のリザルト。

3.最高オンサイトグレードが、男子は5.12a以上、女子は5.11b以上の選手。

4.クライミング競技に対する取組姿勢。

5.公式大会(リードユース日本選手権、ボルダリングユース日本選手権、JOCジュニアオリンピック、全国高校選手権)における前年度成績。

1~5を基に総合的に判断し、推薦選手を決定致しました。

2018年度は3名がJOCに出場することができました。

2019年度の出場可能人数は、2名は確定、3人目、4人目はシード選手の申込状況次第ということになります。また、上位選手が出場しない場合は、下位の選手が繰り上がります。


【愛媛県山岳連盟推薦選手】

第1位 相原麻菜美(女子ユースA・愛媛県立丹原高等学校1年)

第2位 向井颯柾(男子ユースC・大洲市立大洲北中学校1年)

第3位 本田凛生(男子ユースB・松山市立城西中学校3年)

第4位 今井歌乃子(女子ユースA・私立済美高等学校2年)

以上、4名です。

愛媛県山岳連盟推薦選手とは別に、日本山岳・スポーツクライミング協会推薦選手(シード選手)として、

井上遼(男子ジュニア・人間環境大学1年)

大政涼(男子ユースA・愛媛県立東温高等学校2年)

の2名が優先出場します。

2019年5月14日火曜日

【国体関連】【SC競技】茨城国体愛媛県予選会兼西条クライミングフェス総合リザルト

茨城国体スポーツクライミング競技愛媛県予選会 兼 西条クライミングフェスティバルの総合リザルトをご案内致します。

茨城国体愛媛県予選会総合リザルト

西条クライミングフェスティバル総合リザルト


本大会は、愛媛県選手はもとより、兵庫県、徳島県、香川県からも多くの選手に参加して頂き、盛大に開催することができました。

また、早朝より、ご参加頂きました選手の皆様、並びに保護者、引率者の皆様、ありがとうございました。

今回は、5月25、26日に開催予定のコンバインドジャパンカップのリハーサル大会としても、皆さまにご協力頂きましたこと、重ねてお礼申し上げます。

大会開催にあたり、素晴らしい課題をセットして頂きましたセッターの皆様、西条市職員、西条クライミングクラブの皆様、スタッフとしてご参加頂きました皆様、お疲れ様でした。

茨城国体の四国ブロック大会は、7月20日、21日の2日間、西条市の石鎚クライミングパークSAIJOで開催予定で、主管が愛媛県ですので、またスタッフ等でのご協力をお願い致します。

茨城国体スポーツクライミング競技愛媛県代表

【成年男子】
監督 徳永信文
選手 清水裕登
選手 井上遼
補欠 河野隼人

【成年女子】
監督 石黒照章
選手 徳永基希
選手 渡瀬夏子
補欠 川端日菜

【少年男子】
監督 青木亮二
選手 大政涼
選手 高村佳吾
補欠 谷崎勇太

【少年女子】
監督 玉井隆寛
選手 相原麻菜美
選手 今井歌乃子
補欠 なし




2019年5月11日土曜日

【国体関連】【SC競技】茨城国体愛媛県予選兼西条クライミングフェス注意事項及びスケジュール

【注意事項】

隣のグラウンドでは、運動会があり、体育館ではバレーの試合があります。

駐車場が満車の場合、西部公園北側の地域交流センターにお願いします。

明日も晴天が予想されます。観戦される方は日除けが無いので、ご注意下さい。

タイムテーブル

進行表

2019年5月7日火曜日

【国体関連】【SC競技】茨城国体愛媛県予選 兼 西条クライミングフェスティバル エントリー状況最終版

5/5現在の茨城国体愛媛県予選 兼 西条クライミングフェスティバルのエントリー状況をご
案内致します!

最終版になります!

申し込みしたにも関わらず、名前のない方は、お申し出ください!

★成年男子
  1.コウノハヤト
  2.マツオカテツヤ
  3.イノウエリョウ

★成年女子
  1.トクナガキキ
  2.ワタセナツコ
  3.カドタエミ
  4.カワバタヒナ

★少年男子
  1.ホンダリオ
  2.タカムラケイゴ
  3.オオマサリョウ
  4.カジミライ
  5.サイキリョウマ
  6.タニザキユウタ

★少年女子
  1.イマイカノコ
  2.アイバラマナミ
  
☆オープン
  1.マナベリュウ
  2.ムカイソウマ
  3.シノハラトモヒロ
  4.カタオカミライ
  5.ムラカミリク
  6.クラシキマナト

☆レディース
  1.マスダココ
  2.アベホノカ
  3.ヒラノチサ

☆ミドル
  1.クロミツライ
  2.アサカワケイ
  3.ヤマナカショウタ
  4.マスダリンゼ
  5.ソガベヤスユキ
  6.ハシモトヒロトシ
  7.スズエヒロシ

☆ビギナー 
  1.ユミヤマカンスケ
  2.アサカワセラ
  3.ワタナベカナ
  4.マツトモライカ
  5.ヤマオカハルト
  6.ハシモトココア
     7.ハマダイチゴ
  8.マスダミユウ

以上

2019年4月26日金曜日

【SC競技】【国体関連】5/1現在茨城国体愛媛県予選兼西条クライミングフェスティバルエントリー状況

5/1現在での茨城国体愛媛県予選 兼 西条クライミングフェスティバルの申込状況をご案内致します!

申し込みしたにも関わらず、名前のない方は、お申し出ください!

★成年男子
  1.コウノハヤト
  2.マツオカテツヤ
  3.イノウエリョウ

★成年女子
  1.トクナガキキ
  2.ワタセナツコ
  3.カドタエミ
  4.カワバタヒナ

★少年男子
  1.ホンダリオ
  2.タカムラケイゴ
  3.オオマサリョウ

★少年女子
  1.イマイカノコ
  
☆オープン
  1.マナベリュウ
  2.ムカイソウマ
  3.シノハラトモヒロ
  4.カタオカミライ

☆レディース
  1.マスダココ
  2.アベホノカ

☆ミドル
  1.クロミツライ
  2.アサカワケイ
  3.ヤマナカショウタ
  4.マスダリンゼ
  5.ソガベヤスユキ
  6.ハシモトヒロトシ

☆ビギナー 
  1.ユミヤマカンスケ
  2.アサカワセラ
  3.ワタナベカナ
  4.マツトモライカ
  5.ヤマオカハルト
  6.ハシモトココア

以上

2019年4月16日火曜日

【重要】【SC競技】JMSCAスポーツクライミングジャパンツアー2019(SCJT)の詳細が発表になりました!

ここ数日、スポーツクライミング界を賑わせておりました来年度の『リードジャパンカップ(LJC)』『ボルダリングジャパンカップ(BJC)』『スピードジャパンカップ(SJC)』と、『リードユース日本選手権』『ボルダリングユース日本選手権』の出場選考を目的としたシリーズ戦である【JMSCAスポーツクライミングジャパンツアー2019(SCJT)】の詳細が発表になりました。

まだ、不確定、不明確な部分や問題点もありますので、わかり次第【改訂版】として発表しますので、ご注意ください。

詳細は、JMSCAのHPをご覧ください。

     ↓     ↓    ↓

JMSCA スポーツクライミング ジャパンツアー2019


2019年4月14日日曜日

【SC競技】第5回ボルダリングユース日本選手権の開催要項が発表になりました!

5月18~19日に鳥取県倉吉市において開催されます『第5回ボルダリングユース日本選手権倉吉大会』の開催要項が発表になりました。

予選会等もなく出場できる最後の大会です!

本大会は、ユース日本代表選考会を兼ねます。

来年度(2020年)のリードユース日本選手権、ボルダリングユース日本選手権に出場するためには、ジャパンカップの予選会である「ジャパンツアー」にユース選手も出場しなければならなくなりましたので、ご注意ください!

第5回ボルダリングユース日本選手権倉吉大会 開催要項

【定員】
・300名程度

【申込期間】
  • 日本山岳・スポーツクライミング協会推薦選手
    2019年4月15日(月)18時より2019年4月21日(日)24時まで
  • それ以外の選手
    2019年4月22日(月)18時より2019年4月28日(日)24時まで

  • 【参加費】
    ・9720円

    【参加資格】
    ・ 下記の申込区分(年齢別グループ)に該当し、JMSCAに2019年度の選手登録(A登録)をしている者。
    • 男子ジュニア(2000年、2001年生まれ)
    • 男子ユースA(2002年、2003年生まれ)
    • 男子ユースB(2004年、2005年生まれ)
    • 男子ユースC(2006年、2007年生まれ)
    • 女子ジュニア(2000年、2001年生まれ)
    • 女子ユースA(2002年、2003年生まれ)
    • 女子ユースB(2004年、2005年生まれ)
    • 女子ユースC(2006年、2007年生まれ)

    【優先出場枠】
    ・ 優先的に出場が可能なJMSCA推薦選手の基準は以下の通りとします。   
      
      日本代表による優先
    • 2019年度スポーツクライミング国際競技大会派遣選手(ボルダリング・リード)
    • 2018年度スポーツクライミング国際競技大会ユース派遣選手(世界ユース選手権・アジアユース選手権)

      平成30年度JMSCA主催大会における優先
    • 第7回リードユース日本選手権印西大会(平成31年3月)各年齢別グループ決勝以上
    • 第32回リードジャパンカップ(平成31年3月)準決勝以上
    • 第14回ボルダリングジャパンカップ(平成31年1月)準決勝以上
    • 第21回JOCジュニアオリンピックカップ大会(平成30年8月)各年齢別グループ決勝以上
    • 第4回ボルダリングユース日本選手権鳥取大会(平成30年5月)各年齢別グループ決勝以上


    2019年4月13日土曜日

    【SC競技】JMSCA Sport Climbing Japan Tour 2019 Speed 第1戦 の開催要項

    5月11日(土)に東京都昭島市にあるアウトドアビレッジで開催予定の『第5回スポーツクライミング東京選手権スピード競技』を【JMSCA Sport Climbing Japan Tour 2019 Speed 第1戦】として共催することとなりました。

    スピードのジャパンツアーは、今年度2戦が予定されていて、今回の東京選手権が第1戦となります。

    第2戦は岩手県盛岡市での開催が予定されていますので、西日本地区の選手は東京での第1戦への出場をお奨めします。

    2020年の【第2回スピードジャパンカップ(SJC)】に出場するためには、2戦のうちのどちらかへの出場が必要です。

    ということは、2020年のコンバインドでの代表選出にも必要となると思われます。

    2月に開催された2019年度の第1回SJCでの決勝進出者にも、2020年第2回SJCの優先出場権(JMSCA推薦)は与えられませんので、ご注意ください。

    JMSCA Sport Climbing Japan Tour 2019 Speed 第1戦 開催要項

    【重要】【SC競技】【改訂版】2020年度のジャパンカップ、ユース選手権について重大変更事項の連絡

    4/12JMSCA副会長の平山ユージ氏からの通達があり、2020年度に行われるジャパンカップ及びユース日本選手権について変更がありますので、、競技選手、保護者、指導者の方はご確認下さい。

    ☆ジャパンカップについて

    来年度よりジャパンカップに出場するために必要なことは、①A選手登録を行う、②ジャパンツアーに出場し、ポイントを獲得する。
         ↓
    年間総合ポイントによるランキングの上位よりジャパンカップへの出場権が与えられる。

      ※現時点では何名の選手がジャパンカップに出場できるのかは不明。

     ★ジャパンツアーは、リード、ボルダリング、スピードそれぞれで実施され、出場権は該当する種目のみとなる。
     ★前回大会で準決勝進出者に与えられていたJMSCA推薦選手は無くなり、シードされるのは2019年度日本代表選手のみとなる。
     ★今年度、ユース日本代表に与えていたジャパンカップの優先出場枠は与えない。

     

    ☆ユース日本選手権について

    来年度のユース日本選手権の出場枠について、選手強化の観点から大人の距離感を若いうちから身につけるべく、またヨーロッパのヨーロピアンユースカップのように、日本国内でもユース選手たちが切磋琢磨する同様の複数大会が必要であろうことから、ジャパンカップと同様に出場選手選考をジャパンツアーで行う。

      ※ジャパンカップ同様、現時点で何名の選手がユース選手権に出場できるかは不明。
      
     ★ジャパンツアーに出場するためには、A選手登録が必要です。
     ★ユースの選手は大人の大会であるジャパンツアーに交っての参加になります。
     ★リードユース日本選手権に出場を希望する選手は、リードのジャパンツアー、ボルダリングユース日本選手権に出場を希望する選手は、ボルダリングのジャパンツアーへの出場が必要です。
     ★前回大会で決勝進出者に与えられていたJMSCA推薦選手については、現時点では未決定ですが、なくなる可能性が高いです。

    ユース選手、特にユースCの選手たちには、かなりハードルの高い大会になると思いますが、ユース選手権に出場するためには避けては通れない厳しい道となりますので、各自ご準備下さい。


    ☆JMSCA Sport Climbing Japan Tour 2019

    5/11(土)に東京昭島市で開催予定の【スポーツクライミング東京選手権スピード競技】を『JMSCA Sport Climbing Japan Tour 2019 Speed 第1戦』として共催します。
     今年度のジャパンツアーのスピード競技は、第1戦が東京都昭島市の東京選手権、第2戦が岩手県盛岡市(日程未定)の2大会のみとなりますので、西日本の方は経費的にも東京での大会への出場をお奨めします。

    【開催要項】 JMSCA Sport Climbing Japan Tour 2019 Speed 第1戦

     ★ジャパンツアーについて

       今年度のジャパンツアーは現在のところ
          スピード 2戦
        ボルダリング 7戦
        リード 5戦
       が予定されています!

       順位については
          スピード 1戦
        ボルダリング 3戦
        リード 2戦
       の1戦ごとの獲得ポイントの合計で順位を算出します!


    取り急ぎ、情報を共有したいと思い、不確定要素がある中、開示しますので、その旨ご了承下さい。

    新しい情報や詳細が判りましたら、改めてご案内致します。

    2019年4月11日木曜日

    【重要】【SC関連】最新版 選手登録についての重要変更情報がありますのでご確認ください!

    JMSCAにおける選手登録規定には、A登録とB登録があり、A登録は日本代表として選出されることを希望する選手、それ以外の選手はB登録と規定されており、B登録した選手は、A登録への変更はできません。

    ただし、ジャパンカップもしくはその予選会となるジャパンツアーへの出場を希望する選手は、A登録が必要です。これは2/13付にJMSCAのHP上で発表されています。

    A登録をするにはJMSCAが主催する義務研修会(倫理研修及びアンチ・ドーピング研修)を受講する義務があります。本来は、登録するまでに受講する必要がありますが、今年度は特例として登録後の受講が認められています。

    義務研修会は、4月以降に毎月1回のペースで全国各地で開催されるようですので、随時必ず受講して下さい。(開催場所は4月は東京の岸記念体育会館、5月は宮城県仙台市、6月は京都市で開催予定)

    掲題の重要変更情報とは、

    ①ジャパンツアーに出場する選手はすべてA登録が必要となるが、今年度に限りB登録してしまった選手は4月末までにA登録への変更手続きをすれば、変更可能である。但し、差額分は納付すること。

    ②ユース大会についても出場する選手はA登録が必要で、5月のボルダーユース、来年3月のリードユースへの出場を希望する選手もA登録を要し、ユースCもA登録が必要。A登録への変更をされる方は、①と同じように差額分の納付が必要です。

    ※JOCに関しては、現状B登録でいいようです。

    の2点です。

    結論からいうと、全国大会に出たい選手はA登録をしてくださいということです!

    では、B登録の対象となるのは誰かというと、①国体の都道府県の予選会に出場する選手、②ユース日本代表選考会以外の全国大会に出場するユース選手、③高体連の所属選手(スポーツクライミングだけでなく、登山競技の選手も含む)となります。ただし高体連の所属選手でもスポーツクライミングの日本代表選考会、ユース日本代表選考会に出場する選手はA登録で、スポーツクライミングの高校選抜選手権への出場だけの場合はB登録で可。

    JMSCAの方向性として、誰でも簡単に出場できる全国大会にはしたくない、権威のある大会としたいという意向のようです。

    本日、JMSCAより選手登録についてアナウンスがありましたので、ご参照、ご確認下さい!

    A選手登録の義務研修について

    以上





    2019年4月10日水曜日

    【国体・SC競技】茨城国体愛媛県最終予選及び西条クライミングフェスティバルの開催要項が発表になりました!

     5月12日 石鎚クライミングパークSAIJOにて国民体育大会(茨城国体)スポーツクライミング
    競技 愛媛県最終予選会及び、西条クライミングフェスティバル2019が開催されます。

    国体予選会の出場資格は、成年男子及び成年女子は、平成31年4月1日現在で18歳以上、居住地、勤務地が愛媛県であること、もしくは卒業中学校、卒業高校が愛媛県でふるさと選手登録をした選手。

    少年男子及び少年女子は、平成31年4月1日現在で14歳(中学3年生)以上18歳(高校3年生)未満の選手。

    国体予選会に出場する選手は、日本山岳・スポーツクライミング協会への選手登録が必要です!

    また、本大会は、JOCジュニアオリンピック岳連推薦選手選考、愛媛県強化選手選考を兼ねます

    JOC岳連推薦及び強化選手の選考については、本大会の成績をもとに、過去の大会実績、クライミングに対する取組姿勢等を考慮し、決定致します。

    JOCジュニアオリンピックには、2000年1月1日生まれ~2007年12月31日生まれの方が出場できます。

    井上遼、大政涼の両名は、JMSCA推薦選手のため、岳連推薦選考からは除外されます。

    愛媛岳連推薦選手によるJOCへの出場は、昨年の状況から推測し、3~4名が出場できると思います。

     要項及び参加申込書は下記リンク先からダウンロードできます!

    茨城国体愛媛県予選会及び西条クライミングフェスティバル開催要項

    1ページ目・・・国体予選要項
    2ページ目・・・参加申込書
    3ページ目・・・西条クライミングフェスティバル要項

    一人でも多くのみなさまのご参加をお待ちしております。

    愛媛県山岳連盟競技委員会

    2019年3月18日月曜日

    【SC関連】宇和島市スポーツ交流センターでクライミング講習会が開催されました!

    3月17日(日)、一部改修を行った宇和島市スポーツ交流センターのクライミングウォールにおいて、クライミング講習会が開催されました。

    県内外から多数の参加者の申し込みがあり、近年稀にみる盛況でした。

    講師は、えひめ国体リード成年男子優勝ペアの清水裕登氏(日本代表・愛媛県競技力向上対策本部)、徳永潤一氏(B級ルートセッター・アッセントレイ)に、成年男子ペアをサポートしていたトレーナーの高山明美氏(理学療法士)の3氏。

    講習会はレベル毎に、ビギナークラス、ミドルクラス、エキスパートクラスの3カテゴリーに分かれています。

    リード、ボルダリング、コンディショニングの3班に分かれ、ローテーションで行われました。

    講習会の最後には、オンサイト形式でのリードミニコンペも行われ、盛り上がりました!

    今回の講習会開催に際し、宇和島山岳会、西条市山岳協会よりビレイヤー等のご協力を頂きました。ありがとうございました。

    また、宇和島市はもちろんのこと、指定管理者である株式会社上田の職員の皆様のクライミングに対する想いが伝わってくる講習会であったと思います。

    愛媛には、東予、中予、南予の各地域にリードクライミング施設ができました。

    宇和島市スポーツ交流センターの15m固定壁、西条市石鎚クライミングパークSAIJOの15m可動壁&スピード壁、松山市クライミングウォールアッセントレイの13m固定リード壁と、全国的に見ても1県に3つのリード施設のある県は少ないと思いますので、今以上に有効活用をして頂きたいと思います。

    正味15mの高さを誇るリードで、可動壁の多い日本では珍しい固定壁です!

     来賓として、宇和島市から岡原市長、玉田副市長、山岳連盟から峯本会長、武田理事長、武井副会長、豊田副会長、宇和島山岳会から西田会長にご臨席を頂きました。

     開会式の様子ですが、ビギナークラスの参加者の多さに、今後宇和島市でクライミングブームが巻き起こる予感がします!
    今回の講師、左から高山明美氏、清水裕登氏、徳永潤一氏です。

     講習会は、体育館でウォーミングアップから

     リードの担当は、リード競技のスペシャリストの清水裕登氏

     ボルダリング担当は、主要国内大会で活躍中のルートセッター徳永潤一氏

    コンディショニング担当は、理学療法士の高山明美氏